華やかにもビジネスにも注目のパンツドレス

パンツドレスは、パンツスタイルのドレスの事で、本来なら相容れないパンツとドレスが見事に融合したデザインの洋服です。パンツの丈の長さや裾の広さによって、結婚式やパーティにも着用していく事が出来ます。袖がノースリーブのものを選ぶと、よりパーティー向けになります。実は結婚式などフォーマルな場に、パンツスタイルで出席するのはマナー違反と言われてきましたが、ポイントを押さえておけば、パンツスタイルで参列する事もまったく問題ありません。
また袖のあるもので、パンツ部分の幅が細めのものなら、夏場はパンツスーツとして着用でき、ビジネスシーンにおいても違和感なく、相手に失礼にならずに着こなすことが出来ます。1着持っているといろいろなシーンに着用できてとても便利です。

有名人に間でも大人気、その魅力とは

パンツドレスは、有名人の間でも人気があります。パーティーや結婚式などの華やかな場で、女性の多くはドレスや着物でお洒落をして参加しますが、どうしてもありきたりというイメージは否めません。パンツスタイルでも、肩を出したベアトップタイプ、ノースリーブ、袖付きでもふんわりしたタイプなど、よりドレッシーで違和感のないスタイルで、他者と差をつける事ができて、自分自身の個性や魅力を引き立てる事ができます。身長が高い女性なら、より足の長さを強調できて良いでしょう。パーティではシフォンなどふんわりした素材や光沢のある素材のもので、ハイヒールやアクセサリーなど、小物にこだわることによって、よりゴージャスさがアップします。カラーについては、少し暗めの色か、明るくても下品にならない色になるよう気を付けましょう。

ビジネスや普段着として楽しみたい時は

パンツドレスは、パンツ部分の型によって、ビジネスの場で着ることができますし、また普段着にも楽しめます。
裾がしゅっと細くひきしまったタイプなら、ビジネスシーンでもパンツスーツとして違和感なく、キャリアウーマン風に仕上がるでしょう。上にジャケットを羽織るとよりきちんとした印象になります。足元はやはりハイヒールや、ある程度ヒールのある靴の方が良いでしょう。
反対に、裾がふわりと広がっているタイプは、普段着や普通のおしゃれに着こなすことができます。裾が広がっている方が着心地もゆったりとしてくつろげます。足元はカジュアルなスニーカーやサンダルを合わせると良いでしょう。
また、同じく裾が広がっていても、丈がくるぶしまでと短いタイプもあります。こちらは遠目にはワンピースのようみ見えるので、より女性らしい印象になってお薦めです。

-->