フォーマルコーデはパンツドレスで

フォーマルスタイルと言われるとどうしてもワンピーススタイルが一般的な考えでしたが、最近の結婚式のお呼ばれなどに着ていくフォーマルなスタイルは、パンツドレスも多くみられるようになりました。パンツスタイルに関しては、多くの人が結婚式などの縁起の良い場所でも着てくるようにはなりましたが、着る際にはコーディネートなどに注意しなければカジュアルスタイルに見えてしまい会場から浮いてしまうというリスクもあるので注意が必要です。いくつかポイントを押さえればフォーマルな場面でもエレガントに着こなすことはできますので、パンツスタイルを着ることのメリットやパンツスタイルを結婚式などに着ていく際に必ず気を付けておきたい注意点やポイントなどをいくつか紹介していきます。

パンツドレスを着ていくメリットとは

最近増えてきたパンツスタイルですが、フォーマルな場面でパンツスタイルを着ていく事のメリットがいくつかあります。まず、パンツスタイルはスカートに比べ動きやすくさらにクールに着こなせるということもありスカートが嫌いな女性やスタイリッシュに着こなしたい女性から多くの支持を集めています。さらに、最近ではガーデンウエディングやビーチウエディングなど外でのウエディングスタイルも増えてきているので、風が吹いてしまった時にスカートがめくれるのを気にしなくて済むというメリットもあります。また、スカートに見えるパンツスタイルのフォーマルドレスもあるので、スカートが好きな女性でも気軽にパンツスタイルのデザインを選ぶことができます。かわいく着こなしたい方や、クールに決めたい方、どのジャンルにも対応できるメリットがあります。

パンツドレスを着ていく際の注意点

最近はパンツスタイルもフォーマルな衣装として認識されるようにはなりましたが、数年前まではパンツスタイルはセパレートに分かれているため、お祝いの席では縁起がわるいということでパンツスタイルは結婚式などの服装にはマナー違反と言われていました。そのため、現在ではそういった印象を持たれないパンツスタイルのフォーマルドレスが数多く出ていますが、選ぶ際には次の事に注意して選んでください。まず、素材やデザインが高級感があるものを選び、丈の長さが短くないものを着るようにします。次にネックレスやピアス、イヤリングなどのアクセサリーを華やかなものにして、カジュアルに見えないコーディネートになるように選びます。アクセサリーを加えることでぐっと印象も変わりますので必ず最低でも1つは取り入れることが重要です。

-->