パンツドレスの着こなし方とTPO

パンツドレスはかっこいい大人の女性を演出するにはふさわしいドレスです。しかし一昔前までは上下の分かれているセパレートスタイルであるため別れを連想し縁起が悪いとなどという理由で結婚式をはじめとする冠婚葬祭の場ではマナー違反とされてきました。今でもそういった考えの人も少なくありません。ですが、ドレスとしてもっともスタンダードなワンピーススタイルでもバイカラーなデザインが増えてきたことから、マナーも年々寛容化してきているのがわかります。
デザインによってカジュアルにもエレガントにもなるパンツドレスですが、きちんと色や素材、デザインやコーディネートを意識して選べば、TPOをわきまえているフォーマルドレスとして冠婚葬祭の場でも十分に着こなすことができるでしょう。

より高級感を意識してドレスを選ぶ

ワンピーススタイルのドレスと違い、パンツドレスはカジュアルに見えがちです。また、素材やデザインによってはビジネススーツのようになってしまい、フォーマルな場にはふさわしくない装いになってしまいます。
そのため、パンツスタイルを選ぶ場合は素材やデザインでより高級感が出ているものを選ぶことが重要です。
また、ドレスだけではなくアクセサリーなどの小物も気を付けなければなりません。例えば、ネックレスは大ぶりの存在感のあるもの、脚長効果でスタイリッシュに見せるため靴のヒールは高めのものといったようにカジュアル感を消すようにコーディネートする必要があります。パンツの色は基本的に黒やネイビーといった落ち着いた色合いが多いため、マナーに反しない程度に派手さを出し高級感を出すようにしましょう。

あくまでお呼ばれドレスとしての利用

マナーが緩くなってきたとはいえ、まだまだパンツスタイルは正式な礼装というわけではありません。今でもスカートスタイルのものが格が上とされており、あくまで招待客である場合にのみ着用が許されているのが現状です。もし、冠婚葬祭において主賓として参加するのであれば、パンツスタイルは避けた方が良いでしょう。ただし、足が悪いなどといった特別な理由がある場合は別になります。
逆に正式な冠婚葬祭ではない、二次会や謝恩会といった格式にこだわらないパーティーであればパンツスタイルはスタイリッシュさを演出できるおすすめのドレスです。タイトなデザインで光沢のあるドレッシーな素材を選べばビジネス感やカジュアル感がなくなります。バッグはビジューがついた小さめのものを選びましょう。冠婚葬祭には使えませんが、少し派手すぎるくらいがパンツスタイルにはちょうどいいバランスになります。