パンツドレスは華やかさを重視しましょう

パンツドレスはセパレートタイプだから縁起が悪いというのは昔の話です。今ではスカートタイプでもセパレートタイプやバイカラーのドレスが受け入れられてきています。冠婚葬祭でも親族でない限りはパンツドレスというだけではマナー違反にあたりません。
では何を選べばマナー違反になるかというと、リクルートスーツなどのビジネスタイプのデザインなどや、あまりにもカジュアルに寄ってしまっているドレスです。
ドレスを着ていく場には一定以上のよそゆき感が必要です。パンツドレスは市民権を得たのがごく最近なためかまだまだ色の展開も多くはありません。黒やネイビーといった無難な色が多いのでなるべく素材やアクセサリー、バッグなどの小物で派手目に着飾るようにするのが着こなしのコツです。

華やかさ、高級感を重視すること

お店にはさまざまな素材、デザインのものが揃っていますが、間違ってもコットンや麻といった普段着の素材は選んではいけません。パンツスタイルはどうしても素材を選ばないとカジュアル感が出てしまいます。パーティーに参加するという意識を持って選ぶようにしましょう。
おすすめなのは光沢のあるサテン素材のドレスです。ポリエステルでもそれなりに光沢はありますが、高級感を出すためにもできればサテンを選んだほうが良いでしょう。
デザインもレースやフリルなどがあしらわれている華やかなものを選ぶとビジネススーツ感が薄れるので積極的に取り入れていきましょう。
ただでさえパンツタイプのドレスは目立ちますが、少し派手かもしれないと思うくらいが実はちょうどいいバランスになります。逆に派手さに抵抗のある人には向きません。

存在感のあるアクセサリーをつける

黒やネイビー、またはベージュといった無難な色ばかりでバリエーションがまだまだ少ないのがパンツタイプのドレスです。したがって華やかさや高級感を出すためにはアクセサリーなども気を使う事が重要です。
可愛らしい一粒石のペンダントではなく複数の石で作られた大きい派手目なネックレスはおすすめの一つです。首周りを華やかに飾ることで単色で地味になりがちなドレスもドレッシーになります。もしパールネックレスをつけたい場合はロングタイプをおすすめします。上半身の半分ほどまでかかるような長さが良いでしょう。
その他、バッグもビジューがついていたりラメ素材で作られていたりと目立つデザインを選ぶことをおすすめします。ただし高級感を出すため安っぽい素材やデザインのものは避けるべきです。

ギフトラッピングも324円(税込)で承っています。 ドレスやワンピに合わせて、コートやジャケットなどのアウターも購入できます。 悩みも解消! 20代~50代までそれぞれの年代に合わせたおすすめのドレスも提案。 お支払方法は、クレジットカード・銀行振込・ゆうちょ振替・代引引換から選べます。 低予算でおしゃれコーデを楽しみたいなら、RUIRUE BOUTIQUEがおすすめです。 大人女子にはクールに着こなせる『パンツドレス』

-->